« もしも・・・ | トップページ | 負け組? »

2007年9月20日 (木)

万死に値する

16歳の少女が実父の首を斧で切断して殺害、しゃれにならない同級生のいじめで男子高生自殺。

世も末だな。

実父を殺害した少女は当然だが、自殺に追い込んだ同級生も殺人罪で裁かれるべきだ。

今日、光母子殺害で本村さんが陳述した。

「その罪は万死に値する」

Googleニュース検索

・・・当然だ。

橋下徹のLawyer’s EYE

今やタレントだか弁護士だかよくわからない橋下徹。

4千件もの懲戒請求がなされたとか。

テレビで一介の弁護士が呼びかけたからって、遊びや洒落で懲戒請求するほどの暇人はいない。

いまいち頼りないが、言うことは納得できる。

弁護士である前に、人として許せること許せないことわかっているよな。

ドラえもんが何とかだとか、そんなもん真面目に弁護するような弁護士なら弁護士バッジ返しちまえ。

死刑廃止論だか主張するのもいいが、人として大事なもの忘れてないか。

|

« もしも・・・ | トップページ | 負け組? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。