« カラオケバトル | トップページ | 失敗 »

2007年4月11日 (水)

裁かれない犯罪者

「留年することは分かっています。人生もやめます」

そうメールで言い残して、女子大生が自殺した。

Googleニュース検索

自殺に追い込んだ准教授は懲戒免職という社会的制裁を受けたが、刑法上の罪には問えない。

殺人と同じじゃないか。

人の命ってこんなに軽いものだったのか?

こんなつまらない人間のために死ぬことなんかなかったのに・・・

|

« カラオケバトル | トップページ | 失敗 »

コメント

猫さん、takapさん、ややぼさん、みさ♪りん

各人各様いろんな意見があるけども、こんなことで死ぬようなことはないと思う。

脅しで死ぬと口走る人は本当に死ぬ気はないと思うけど。

問題はそこじゃない。

何故自殺まで追い込まれる前に対処できなかったのか?

人間関係の希薄化が拍車をかけているんではないか。

記事は感情のままに書いたけど、いろんな考えがあることに気づきました。

ありがとうです_(._.)_

投稿: 390X | 2007年4月12日 (木) 午後 07時22分

簡単に自殺する風潮がまん延している現在ですが、留年くらいで人生終わりだなんて、自殺しちゃうのは悲しいね。若いからこれからどんな事でも出来て、人生広がったはずなのに・・もっと別の選択がいくらでもあったはずなのに。
この准教授の対応(自殺メールを受けて)は指導者として、力量不足ですね。専門的には、優秀かもしれないけど、人間として心がないわ。
子が先に逝くのは親として、断腸の思いだと思います。
亡くなった子の冥福を祈ります。

投稿: みさ♪ | 2007年4月12日 (木) 午前 10時39分

留年って脅しをかける教授は確かに悪いです。
でも、簡単に自殺してしまう生徒にもギモンが
残ります。2年間の執行猶予はこの社会では
当たり前で、2浪または2留、までなら社会は
受け入れてくれます。そのことを彼女はしらなか
ったのでしょうか?大学時代に私も、何度も
追い詰められたけど、優等生の友達の家に
押しかけては、勉強していました。彼女は
そういうこともできないほど、1人悩んでいたの
でしょうか?まわりに相談できないほどの
プライドがあったのかしら??
留年しそうになったら、教授に直談判するのも
一つのテだったんでは??
でも、教授も悪い。どう考えても殺人罪です。
もうすこし、ゆとりをもって生徒と接しなければ
「大学」じゃない。生徒を大人として認めていた
ならこんな事件はおこらなかったはず、ですよね。

投稿: ややぼ | 2007年4月12日 (木) 午前 05時54分

390Xさん、私は違う意見です。
課題を提出できない理由は何ですか?
能力以上の負荷をかけたのでしょうか?
私は、大学の経験がないのでわかりませんが、やるべきことができなければ先に進めないのはどこでもあることです。
教授のコメントの様に「間違ったことはしていない」と思います。
彼女の「留年することは分かっています。人生もやめます」は待ってくれなきゃ死ぬと脅してる?
確かに結果として自殺に追い込んだのかもしれない、そうならない方法がなかったか自殺させない努力を怠らなかったかとの議論はあるでしょうけれど死なれて困るから進級させるのはおかしい。
と思います。

投稿: takapi | 2007年4月11日 (水) 午後 11時42分

ニュースで聞いた時、逆に准教授のほうが気の毒に思った。
5つの課題を昨年7月から遅くても今年の1月までの半年以内にするようにという指示だったんだから、普通だと思うよ。

自分の大学時代でも毎年数人は留年してたし、その内の1人は友達だったよ。
留年したその友達は、4年制大学を6年かけて卒業したけど、その後いっぱしの社会人になってるよ。(1年と2年で留年した)

きっと、この子はこれまで挫折をしたことがなかったんじゃないのかな。
だから短絡的に、課題が出来ない→留年→足元がガラガラと音を立てて崩れ落ちてお先真っ暗→死のう ってなったんじゃないのかな。

最近は簡単に自殺しちゃうけど、その風潮のほうが怖いと思うよ。

投稿: 眠り猫 | 2007年4月11日 (水) 午後 11時39分

この記事へのコメントは終了しました。

« カラオケバトル | トップページ | 失敗 »