« ひげそり | トップページ | 命を見つめて-瞳スーパーデラックス »

2006年11月11日 (土)

捨て子ボックス

ブログでご縁のあるサキさんの11月9日の記事を紹介する。

赤ちゃんポスト

昔、私が生まれた街には不要な犬を捨てる檻が設置されていた。

これは犬が人間になっただけじゃないのか。

命が保証されているかいないかの違いだけだ。

記事中にもあるけど、ドイツではすでに実現しているそうだ。

日本ではドイツのほうは捨て子ボックスとストレートに呼ばれている。
→参考 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ2-1/sakamoto.htm

また、イタリアでも物議を醸している。
→参考 http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20060110205.html

日本でも「赤ちゃんポスト」なんて可愛らしい名前じゃなく、そのものずばり「捨て子ボックス」と名付けたらいいんじゃないか。

個人的には、こんなもん作るほうが間違っていると思っている。

今でもそう思っているが、冷静になって考えてみると・・・

このような批判は覚悟の上で始めたんだろう。

責められるのは「赤ちゃんポスト」を考えた人間じゃない。

何よりも捨て子の命を最優先させたいという心意気。

胸中は複雑だが、その気持ちには敬服する。

サキさんの記事に

>そのポストに入れられた子が大きくなって、事情を知ったらどう思うだろう・・・

とコメントした。

私自身が母に捨てられた子だから、よけいに腹が立って怒りに任せてコメントを入れたけど。

どんな事情があれ、子を捨てるような馬鹿な親に育てられるよりはマシか。

|

« ひげそり | トップページ | 命を見つめて-瞳スーパーデラックス »

コメント

サキさん

真っ直ぐ心優しい子に育ったのは、サキさんの子育てが間違っていないことの証でしょう。

情報が氾濫して、今の人は自分に都合のいい情報しか読み取ろうとしない。
情報に踊らされている。

責任逃れする学校、大人の側。そんな面ばかり見て、そんな教師たちに教えられている生徒がまともに人の道を教えられているとは思えません。

子供が子供を生まないよう、願うばかりです。

投稿: 390X | 2006年11月13日 (月) 午後 09時08分

今朝、突然姫が、
「犬を平気で捨てる人は許せない!私は飼っても絶対捨てない!」
と、宣言してました・・・
どうか、このまま真直ぐに育って欲しい思いました。
姫は6歳なのに“エッチ”はどういうものかを大体知ってます。
性の低年齢化は避けられません。
私たちの世代は親から
「結婚するまで大切にするのよ!」と言われた世代で、そういう類の話をタブー視してましたよね。
でも、今の子供達には、それがどういうもので、それをするとどういうことになるかをちゃんと教えなくてはいけないと思います。
結局は、教育に繋がるかなぁ・・・と思ってます。
私の周りには16歳、18歳で産んだ若い子達がいますが、滅茶苦茶なことしてますが、みんなちゃんと子育てしてます。
でもその子達の周りにはサポート、意見してくれる人たちがいたから、産めたし、育てられているのだと思います。
はっきり言って少年院に行っていたような子達ですが、命の尊さはちゃんと分かっているのです。

ポスト設置は、病院という立場から、頑張っていると思います。

最近は自殺とかも取り沙汰されてます。
勉強よりも、人間として何が大切かを教えることが重要だと改めて思いました。

投稿: サキ | 2006年11月13日 (月) 午後 02時43分

toさん

そうです。
こんなものを設置する必要がない世の中のほうが望ましいんです。

「小さな命を守る会」
アクセスしてみました。
リンクが切れている箇所のほうが多いので、漠然としたことしかわかりませんでしたが、趣旨にはおおむね賛同します。

投稿: 390X | 2006年11月12日 (日) 午前 03時28分

苦渋の選択ですね。
これを設置する側としては。
本当は、こんなもの、ない方がいいに決まっていますけど、こんなものを置かなければならない状況が悲しいですね。

話は変わりますが、「小さな命を守る会」という働きもありまして、そちらは中絶反対を呼びかけております。
しかし、誤解や中傷も多く、困難な働きです。
機会がありましたら、アクセスしてみてください。
http://www.chiisana.org/

投稿: to | 2006年11月11日 (土) 午後 11時07分

みさ♪りん

私も同じ気持ちです。
ですが、赤ちゃんの命を第一に考えるべきではないか・・・
親は鬼でも、生まれた子には何の罪もない。
苦渋の選択としか、言えません。

嫌な時代になったなぁ・・・

投稿: 390X | 2006年11月11日 (土) 午前 11時43分

私は赤ちゃんボックスは反対です。
確かに助かる命が助かるのはいいかもしれないけど、
簡単に子捨てを助長している感じがします。
冬薔薇さんが言っているように、もし、事情で捨てたとしても、拾われるまで見届けるのが親だと思うし、犬、猫みたいに誰にも説明しないでボックス行きなんて、かわいそすぎます。親じゃないですよ。鬼ですよ。今は相談する所いっぱいあるし、昔みたいに親だって字がかけない人っていないじゃないですか。いくらでも、方法があると思うのね。育てるのが嫌だから捨てられたら、たまったもんじゃないわよね。

投稿: みさ♪ | 2006年11月11日 (土) 午前 11時22分

冬薔薇さん

御意。まさしくそのとおりです。

親になる資格のない子供が、体だけ大人になって親になる。

「赤ちゃんポスト」ができたら、増えるでしょうね・・・

投稿: 390X | 2006年11月11日 (土) 午前 10時24分

あるキャスターがね こう言ったのね

「今の若者はSEXすることは知っていても
子育てすることを知らないで大きくなっている」

すべてとは言わずとも この言葉に凝縮されていると思います。

昔だって 子捨てはあったけど
やむにやむ得ない事情とかで
ちゃんと手紙なり お守りなり添えて
拾われるまで 見届けて。。。だったけど
子供が邪魔でとか 育て方がわからないでは
怒りの矛先を収められないよね・・・困ったものです。

当面は 「子供の命を守る為の ひとつの苦策」として
私は 見守ってみたいとおもいます。

投稿: 冬薔薇 | 2006年11月11日 (土) 午前 09時55分

ayaさん

おはよ~★
休日は寝坊する390です(-_\)ゴシゴシ

今朝の日本テレビでも取り上げられていました(ちょうどレスしている今)

育児放棄・子捨てを助長しないか・・・

それでも、あえて実施に踏み切った民間の病院に敬意を示します。

行政も考えなくてはいけない時期に来ていると思います。

投稿: 390X | 2006年11月11日 (土) 午前 09時20分

おはようございます!

う~ん、苦肉の策って感じで、とても難しいですね。
児童虐待⇒死亡 につながるくらいなら・・・一つの方法ですね。

人間の尊厳がどうあるのかを、
行政が真剣に考えなければいけない!そう思います。

投稿: aya | 2006年11月11日 (土) 午前 06時52分

この記事へのコメントは終了しました。

« ひげそり | トップページ | 命を見つめて-瞳スーパーデラックス »