« 予想外 | トップページ | 300回目の独りごと »

2006年11月 4日 (土)

マーボの失敗

麻婆豆腐の素を買ってきて、麻婆豆腐にチャレンジしました。

はぢめての麻婆豆腐です。

はい、結果はタイトルのとおり大失敗に終わりました(´・ω・`)ショボーン

豆腐に味がしみてなく、豆腐の味が勝っております。

味がばらばらで、豆腐も崩れてグチャグチャです゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚

見た目が○×●◆※■□◇*(自主規制)

目をつぶって口に入れないと、食できないものに仕上がっていました(・・;)

|

« 予想外 | トップページ | 300回目の独りごと »

コメント

ayaさん

ご教授ありがとうございますヽ(●´ω`●)ノ
厚揚げですか?
発送の転換ですね(⌒‐⌒)b
私には思いも付かなかった(^^ゞ
とろみ袋付きでした。
今度挑戦するときにメモっておきます(^^♪

投稿: 390X | 2006年11月 6日 (月) 午後 09時30分

おはようございます!
マーボー豆腐は、厚揚げでやると結構いいですよ~
崩れににくいし、豆腐よりコクがあります。
レトルトでも、どんなタイプですか?
片栗のトロミ袋付きでないなら、仕上げに水溶き片栗粉を
少し入れてみると味もからんで良いと思います(^^♪

投稿: aya | 2006年11月 6日 (月) 午前 07時32分

>タマさん

30円♪北海道のほうが物価が安いねえ・・・
実家のスーパーとこっちのスーパーを見比べるとよくわかります(笑)
豆腐の味が強いのは、いやぁ、私の腕でしょう(爆)


>うさうささん

少し茹でるといいのですね・・・
問題は私の”腕前”ですね(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ

>toさん

善くも悪くも”いいかげんで大雑把”なんです(^^ゞ
やっているうちに面倒になって、腹に入ってしまえば皆同じと思ってしまったりして、挫折することが多いのです(笑)

投稿: 390X | 2006年11月 5日 (日) 午後 06時59分

ちょっとしたコツなんですよね。
豆腐を投入したらかき混ぜたらいかんのです。
なべを振る程度でいいんです。

皆さん言われているように、なぜ失敗したのか、
どうしたら上手に出来るか、研究すれば今度は上手に出来ますよ。

投稿: to | 2006年11月 5日 (日) 午後 05時11分

あ!これですね。
失敗は成功の元ですからね。
麻婆豆腐に入れるお豆腐って、切ってから
少し茹でると、味がしみやすいですよ。
ざるなどに取らずにそのまま鍋に直行。
私もレトルトを使っていた時、美味しいマーボ
作れませんでした。
豆腐を茹でるというのも、陳健一さんのレシピで
そうあったんです。

投稿: うさうさ | 2006年11月 5日 (日) 午後 05時04分

きっと自己主張の強い豆腐だったのですね。。。

たま~にあります。そーゆー豆腐・・・(ホントか・・?)
ウチの近所の北○市場の30円の豆腐は素直です。

投稿: タマ | 2006年11月 5日 (日) 午後 03時00分

みさ♪りん

何故でしょ(*≧▽≦)σ?
私に才能がないからでしょう(^^ゞ

ガスじゃなくて電気なので、弱火が全く利かないんです(´・ω・`)ショボーン

投稿: 390X | 2006年11月 5日 (日) 午後 12時10分

レトルトで失敗するなんて、なんでかしらねー(笑)

味がしみてないのは弱火で煮詰めてないからでしょう。

形がくずれるのは、混ぜすぎですね。

でも、味はレトルトだから間違いないと思うけどね。(笑)

投稿: みさ♪ | 2006年11月 5日 (日) 午後 12時00分

ひろさん

きっと、そっちの才能がおありなのでしょう(笑)
コックさんになってもいい線いってたと思いますヽ(●´ω`●)ノ

私が料理するにはレトルトが無難なようです(^^ゞ

投稿: 390X | 2006年11月 5日 (日) 午前 11時42分

何回でも失敗しましょう・・・
そのうち上手になりますわな(´-`)

ちなみに私は高校生のとき初めて作ったマーボー豆腐は完璧でした
エッ( ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄)ヘン

投稿: ひろ | 2006年11月 5日 (日) 午前 08時00分

たこちゃん

目をつぶって口に入れなければ食べられませんよ(*≧▽≦)σ
見た目がかなりグロい(^_^;)

投稿: 390X | 2006年11月 4日 (土) 午後 11時03分

ヽ(*≧m≦*)ノムフフ

でも、目をつぶれば食べられてよかったね(笑)

投稿: たこ坊主 | 2006年11月 4日 (土) 午後 10時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« 予想外 | トップページ | 300回目の独りごと »