« みさ♪りんと2ショット!・・・だったらいいなあ(*≧▽≦)σ | トップページ | 光ってます »

2006年11月28日 (火)

”it”(それ)と呼ばれた子

“It”(それ)と呼ばれた子―これから大人になる君たちへ “It”(それ)と呼ばれた子―これから大人になる君たちへ

著者:デイヴ ペルザー
販売元:ソニーマガジンズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図書館から借りて、今読んでいる本。

何年か前に三部作は全巻読んだ。

許すとは強い意志を持つこと、つまり、つらい経験にくじけないと決意することだ。(本文より引用)

なかなかそうもいかず、日常生活の中で憎悪や怒りにかられてしまうこともよくある。

例えば、人前で犬猫と同じようにシッシッと手で追い払われたらさすがに怒る。

冗談でもやっていいことと悪いことがあるだろうって。

1回2回ならまだしも、何回も繰り返した。

そのたびに嫌な醜い気持ちが出てくる。

相手はその行為を人がどう思うか、わからないらしい。

説明するのもばかばかしい。

友人と思っていたけど、距離を置くようになった。

ε-(;ーωー)フゥ…

まだまだ修行が足りないようです・・・

|

« みさ♪りんと2ショット!・・・だったらいいなあ(*≧▽≦)σ | トップページ | 光ってます »

コメント

うさうささん

うさうささんはteruちゃんに並ぶ文学美少女でございましたかヽ(●´ω`●)ノ

読みましょう♪
心の栄養になりますよ(⌒‐⌒)b

投稿: 390X | 2006年11月30日 (木) 午後 05時07分

こんにちわ!
下関の前に住んでいた町では、よく図書館に
行って、借りてきていたのですけど、今では、
さっぱりです。
たまには、読書しなきゃ~。

投稿: うさうさ | 2006年11月30日 (木) 午後 03時00分

toさん

自分のことだから修行という言葉を使いました(._.ゞ)ポリポリ

ドッグパークの救援団体も純粋な善意だけではなかったんですね・・

けど、だれかがやらなければ、命を落とす犬がもっと多かったでしょう。

私は何もできなかった(しなかった)から、文句を言える筋はありませんが・・・

投稿: 390X | 2006年11月29日 (水) 午後 07時03分

別に修行なんてしなくていいです。
怒りを不自然に抑えると、健康被害が出ます。
ものすごいストレスが出るんでしょうね。
だけど、抑えるべきところは抑えないと問題になるし、言わないと人間、通じないですから言うべき時には言わないといけない。
そのさじ加減が難しいですね。
しかるべき筋を通して、しかるべき対応をとる。簡単なようで難しいです。

残念なお知らせがあります。
広島ドッグパークでボランティア活動をしていた、アークエンジェルズのその活動の裏側に問題があったようです。

http://suzzy.exblog.jp/i15
こちらのブログにて実際に関わった方による疑問の声が寄せられています。

投稿: to | 2006年11月29日 (水) 午後 06時49分

>みさ♪りん

全く同感です。
憎しみからは何も生まれない。
いまさらながらつくづく実感しております。

>Kimさん

とりあえず読みましょう(⌒‐⌒)b
私は知り合いが買うのを見ていて、読んだら貸してと半ば無理やりに取り上げて読みました(^^ゞ

>酒飲みダンベルさん

聖人君子じゃなくて、普通の人だと思います。
誰もが彼のように生きられるはず・・・なんです。

URL先の本は、一度読んでみたい本ですね。
私もまだまだ修行が足りません・・・

>眠り猫さん

まず、じっくりと読みましょう。
読んでてつらくなるような気持ちがしますが、自分の気持ちに向かい合って・・・

投稿: 390X | 2006年11月29日 (水) 午後 06時26分

これの「幼年期」はこの間買ったんだけど、まだ読んでない。
早く読まなきゃね。 ヾ(;´▽`A``アセアセ

投稿: 眠り猫 | 2006年11月29日 (水) 午前 02時20分

聖人君子のようには生きられないけど、その人達の教えや思いは心にもっていたいですよね(^^)

自分も本を読んでは反省ばかり、日々修行です(^^ゞ

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797332069/sr=11-1/qid=1164723937/ref=sr_11_1/503-6728267-6894347


同じような児童虐待から立ち直った人の話です。

投稿: 酒飲みダンベル | 2006年11月29日 (水) 午前 12時29分

読もう、読もうと思いながらも「忙しい」を理由に読んでない作品です。(思い始めて早4年が過ぎました。。。)
感動系統の映画を観ても「つまんねー」が口癖の友人が泣いた作品と聞いた時は読みたくて仕方がなかったのですが、当時お金がなく、近所の図書館でも取り扱ってませんでした。
あれから4年が経ち、お金には余裕ができたものの毎日の忙しさと日々の煩わしさに未だに読んでません。
そんな言い訳ばかりの自分に読ませたいです。笑

投稿: Kim | 2006年11月28日 (火) 午後 11時57分

うちにもこの本あります。
普通の生活が当たり前と思っている人達にこういう世界もあるのだと読んで欲しい本ですね。
トリイヘイデンのシリーズ本も親からの虐待、人間として扱われない子達の叫びが書いてあります。
今、いじめている子達に読ませたい本ですね

投稿: みさ♪ | 2006年11月28日 (火) 午後 11時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« みさ♪りんと2ショット!・・・だったらいいなあ(*≧▽≦)σ | トップページ | 光ってます »