« 『好き好きバトン』 | トップページ | ムカツク偽メール事件-神林女史の真意 »

2006年4月 2日 (日)

ズルい女?-神林ブログより

神林さんのブログが女王様と連動して更新されている。

またまた喧嘩だ、警察だ!

女王様曰く

神林さんは「ズルい女」らしい。

ズルい女といえばこれ↓

Music ズルい女

アーティスト:シャ乱Q
販売元:BMGファンハウス
発売日:1995/05/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

・・・おあとがよろしいようで(笑)

「JJ風改造人間3号」の御姿披露はまだかなあ・・・?

|

« 『好き好きバトン』 | トップページ | ムカツク偽メール事件-神林女史の真意 »

コメント

ひろさん

いやあ、でも民主党や自民党より罪がずーっと軽いですよ(≧ω≦。)プププ

自民・民主はズルいどころではありません(^_^;)

投稿: 390X | 2006年4月 3日 (月) 午前 08時08分

よく歌いましたな。。シャ乱Qは・・・(´-`)

ズルさは誰しも多少は持っていると思いますが・・・
かくいう私も年齢を28歳と偽ります
ホントは29歳なのに・・・(爆

投稿: ひろ | 2006年4月 3日 (月) 午前 07時48分

catsramen さん

私もまだ会えたことないですよ(^^ゞ
会ってみたいものです・・・ズルい女だけではなくて「愛しい」ほうも付く人に(._.ゞ)ポリポリ

投稿: 390X | 2006年4月 3日 (月) 午前 07時15分

バイバイありがとうさようなら〜愛しい恋人よ〜♪
あんたちょっとイイ女だったよ〜♪
その分ズルい女だね〜♪

イイ女だけどズルい女...いいねぇ(爆)

って
そんな人に会ったことないけどね(笑)

投稿: catsramen | 2006年4月 3日 (月) 午前 05時58分

ayaさん

女王様もスゴいですが、それについていける秘書もスゴい(*≧▽≦)σ

(。・ω・。)ノぁぃ♪最初読んだ時にその曲が頭の中に思い浮かびました(*´σー`)エヘヘ

投稿: 390X | 2006年4月 2日 (日) 午後 11時05分

女王様…スゴイ、サスガです(笑)

シャ乱Qのズルイ女、好きですねぇ♪

投稿: aya | 2006年4月 2日 (日) 午後 10時55分

TOM さん。

コメントありがとうございます。

関連性のないコメント・TBが問題なのは問題なのですが、それが大きな問題なのではなく『関連性のないトラックバックしたあとのコミュニケーション』が重要だと考えております。

自ら「既に存じ上げていることでしたが」と申されているのであれば、無関係なトラックバックした後コメントで一言付け加えるなりコミュニケーションをとるようにしていただきたいと思います。
私はコミュニケーションを拒否してるわけではありませんから。
それがマナーではないでしょうか?

「無関係なTBしましたが何々の理由で知っていただきたく・・・」みたいなひとことがあればよかったんですけどね。

私の場合はコメントありで1つは容認、複数の無関係TBはご遠慮願っています。

それから、インターネット上ではコピーしたレスは返って失礼ですよ?

投稿: 390X | 2006年4月 2日 (日) 午後 10時32分

390Xさん、こんばんは。お久しぶりですね!

コメントと、リンク、ありがとうございます。「既に存じ上げていることでしたが」、「ブックマーク」させていただき、再度熟読しています。

先回は、記事に関連しないTBで、失礼いたしました。また、「390X」さんのコメントを「削除」してしまったことで、お気を悪くされてしまったようで、お詫びいたします。

ただ、今回の記事の内容の中の「削除」したことは、ちょっと「関連性がない」とか、「スパム」だとかのレベルをこえていることでして、正直、適切な表現を使うと、かえって「不適切」な言い方になってしまうような、それほど異様なコメントであったと、お考えいただきたいのです。

また、某大手掲示板の中で、私自身の中傷といいますか、知らないHNの方に誤認されているようで、そういったことも含めて申し上げたことなのです。

私は、「390X」さんと、親しくなりたい気持ちが先に立ちまして、関連性のないTBをしてしまったことがあったかと思います。どうぞ水に流していただいて、今後ともよろしくおつきあいのほど、お願い申し上げます。

なお、これも関連性の無いコメントなのでしたら、どのようにお返事したら適切なのか、教えて頂ければ幸いです。

投稿: TOM | 2006年4月 2日 (日) 午後 10時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『好き好きバトン』 | トップページ | ムカツク偽メール事件-神林女史の真意 »