« 女王様と酒豪な秘書-神林ブログ更新 | トップページ | 異邦人・・・他 »

2006年4月 7日 (金)

驚いたこと

4月から通う訓練校で同じ聴覚障害者の女性が、同じマンションの住民で3つ隣の部屋に住んでいることがわかりました(℃_゚)...ビックラコイタ

豹柄のおばちゃんではありません(笑)
(職業訓練校受験)

たまたま玄関前で顔を合わせて、挨拶されたので判明しました。

びっくりしたなあ(; ̄□ ̄)yヾポロ

同じ教室で試験を受けていて顔も何回か合わせているのに全く気がつきませんでした(汗)

世間は狭いとつくづく感じました(笑)

|

« 女王様と酒豪な秘書-神林ブログ更新 | トップページ | 異邦人・・・他 »

コメント

としちゃん

ええ、びっくりしましたヽ(●´ω`●)ノ
相手は知ってて挨拶してくれたみたいです。私はまじまじと人の顔を見ることはあまりないので、気がつかなかったんですが(^^ゞ

投稿: 390X | 2006年4月 8日 (土) 午後 01時23分

仲間がすぐ近くにいたとは、ほんまに人の縁っておもしろいなぁ。しかも、なんか心強いやん!

投稿: としちゃん | 2006年4月 8日 (土) 午後 12時50分

みさりん♪


縁といえば・・・そうですね(*>ω<*)テレルー

みさりん♪は私の知能程度をご存知ない(爆)
決してヨイほうではありません(笑)
もしそうなっても、教えられるばかりになりそうで(^^ゞ

投稿: 390X | 2006年4月 8日 (土) 午前 09時45分

そんな偶然ってあるんですね。

何かのご縁かもしれませんね♪

お互い、勉強の事とか、いろいろ助け合えればい

いですね。勉強がんんばってね♪

楽しい学生生活をね♪

投稿: みさ♪ | 2006年4月 8日 (土) 午前 09時22分

teruさん

いやはや♪(/ω\*)
わかりません(._.ゞ)ポリポリ

どうなることやら(笑)

同級生といっても、年齢がみんなバラバラなんで(笑)

投稿: 390X | 2006年4月 8日 (土) 午前 12時42分

「恋の予感」でもいいのにさぁ~~(笑)
同級生って心弾むよぉ~~。

投稿: teru | 2006年4月 7日 (金) 午後 11時59分

感じたことを後から補足で書き足しました(^^ゞ

>眠り猫さん

お約束の・・・ですね(._.ゞ)ポリポリ
私の頭では私が教えられるだけになったりして(汗)

>MA$AYOさん

所詮は・・・ですか(・・;)
件の人も外見だけは人の好いおじさんに見えて、実際付き合いがあった時期も態度は変わらなかったんですが・・・

>ayaさん

いやあ、私もびっくりしました(笑)
さあて、どうなるかは???です(爆)

投稿: 390X | 2006年4月 7日 (金) 午後 04時14分

390Xさん 復帰おめでとうございます!

あるんですねぇ 偶然って...
例え、安全地帯の関係でなくても(笑)顔見知りの人がいれば、
困った時に助けてもらえそうで、うらやましいですよ~!!!

投稿: aya | 2006年4月 7日 (金) 午後 03時51分

>眠り猫さま
お先でした~(^^)

>390Xさま

僕の知ってるその人は僕には別に何もしなかったのですが知り合いの電気屋は泣かされたそうです。
買ったエアコンの代金を払ってもらえず一夏使って返品されたらしい

○ヤの記事UP楽しみにしてます

投稿: MA$AYO | 2006年4月 7日 (金) 午後 03時17分

あはっ、自分も“恋の予感”って書こうとしたら、先に書かれていた。(;^_^A
せめて、宿題を教えあう仲になりましょう。(^.^)

投稿: 眠り猫 | 2006年4月 7日 (金) 午後 03時08分

MA$AYOさん

残念ながら・・・←何で?何が?(笑)
そんな色っぽい話ではないんですねー(^^ゞ

背中一面に絵を描かれていて夏でも長袖の人を知っていました。
その人とはあるエピソードがありまして、それは近いうちに暴露、いえ、UPします(たぶん)

投稿: 390X | 2006年4月 7日 (金) 午後 02時55分

恋の予感???かな(^^)/ガンバレー←なにが?

短絡的な中学生のような僕を晒してしまった

僕は昔住んでたマンションのエレベーター会うおじさんに馴れ馴れしく話してて、
夏になってその人が半そでのダボシャツからイラストを描いた二の腕が見えてその人がそっちの方の人だとわかりちょっと態度を変えてしまいました。

神戸はそっちの人が多いです。

投稿: MA$AYO | 2006年4月 7日 (金) 午後 02時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 女王様と酒豪な秘書-神林ブログ更新 | トップページ | 異邦人・・・他 »