« 『私一人』 大竹しのぶ著 | トップページ | 390Xの思うこと-不倫について »

2006年2月 1日 (水)

初めて室井佑月を読む

作家の花道 Book 作家の花道

著者:室井 佑月
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

室井佑月氏が6年くらい前に出版されたエッセイ集『 作家の花道 』を読み終えた。

実は私は室井佑月氏は名前だけはTVに出ているので知っていたが、今まで彼女の本を読んだことはなかった。

興味なかったし。

室井佑月をむろいうづきと読み間違えてたし(汗)

正)むろいづき  誤)むろいづき

それが興味を持ったのは『ジェネジャン』がきっかけで、室井佑月氏のブログ< あたしは死ねない >を読んだ時だ。

物書きが自ら死を選ぶっていうことには、なんらかの意味があると思う。

命をかけてまで訴えたいことがある

室井佑月blog<あたしは死ねない>より引用

三浦綾子氏のエッセイ集『 遺された言葉 』にこういう箇所がある。

「自殺とは罪でしょうか?」
「罪ですね。命を賭けて迄、自分の主張を通すというのが自殺ですからね。罪の最もたるものです」

三浦綾子著『 遺された言葉 』より引用

現実逃避のための自殺は恥じることと思っているのだ。

同時期に読んだせいか、なんとなく共通してるものを感じる。

話を『 作家の花道 』に戻して、読後感はというと・・・

読みやすい。

これは重要なファクターだと思う。どんな本でも読まれなかったら、ただのゴミだもんね。

私が男ということもあって感情移入はしにくかったが、まあまあおもしろかった。

インタビューで自分の知らない海外の作家の名前が出てきて、トイレに駆け込み男に携帯で助けを求めるところなんかかわいいもんじゃないか。

もうちょっと他の本も読んでみたいと思わせられた。

ラブレターという企画であるが、残念。

乗り遅れた・・・

というか、私がココログ2周年記念プレゼント欲しさにブログを立ち上げた時には締め切りをとうに過ぎていた。

これでも、若い時は作家志望だったんだ(^^ゞ

週刊少年ジャンプの漫画原作賞や集英社の小説ジュニアの賞に応募したこともある。

箸にも棒にもかからず落選だったけど(笑)

室井佑月氏、厚かましくもリンクさせていただきました。

|

« 『私一人』 大竹しのぶ著 | トップページ | 390Xの思うこと-不倫について »

コメント

茂樹さん、何たる偶然(⌒‐⌒)
いいなー。私はとんと有名人には会いません←私が気がついていんばいだけかも?鈍いから(^^ゞ
ますます購入意欲が高まりました(笑)
もし、もしもだったら図書館で(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ

投稿: 390X | 2006年2月 4日 (土) 午後 07時45分

室井さんと誕生日が同じなんです。去年の夏には、新大阪駅でバッタリ遭遇しました。スレンダーでしたよ、綺麗でかわいかったですね。
そして、頭の回転が早いところがなんとも羨ましい限り(苦笑)。
コングさんと一緒、僕も採用されてなかったら・・・悔しいですねー、めちゃくちゃに悔しい。

投稿: 茂樹 | 2006年2月 4日 (土) 午前 10時27分

ねこめさん、いらっしゃい♪

細い?身体に一本芯がとおったような人間らしいですね。

信念が無ければ、猛抗議できないしね。

投稿: 390X | 2006年2月 2日 (木) 午前 08時54分

先日、国営放送で谷垣のオッサンに税制の事で猛抗議している室井女史を見ました。
なかなか頑張っておられましたよ。

投稿: ねこめ | 2006年2月 1日 (水) 午後 11時52分

コングさん。

おぉ!コングさんのが載ったら購入しようヽ(●´ω`●)ノ

もし、もしもだったら図書館で(*´σー`)エヘヘ

投稿: 390X | 2006年2月 1日 (水) 午後 06時59分

トラバありがとうございました!
読みやすいですよね、室井さんの本。
ラブレター、きっと読み応えありますよ。満を持して作られますから!
あ!
自分のが漏れていたら恥ずかしいなぁ、こんなに盛り上がっているのに・・・・

投稿: コングBA | 2006年2月 1日 (水) 午後 05時56分

tboxさん。
よくワイドショーなんかで出てますよ。
意識して見ることはなかったけど、そのおかげで名前だけは知ってました。
読んだら、ぜひ感想をどうぞ(笑)

投稿: 390X | 2006年2月 1日 (水) 午後 04時34分

室井佑月って、特ダネ!のコメンターですよね
本は読んだ事ないですけど
いろんな職業を渡り歩いたとか聞きます
おもしろそうな人だと思っていたのですが
これを機になにか読んでみたいとおもいます

投稿: tbox | 2006年2月 1日 (水) 午後 02時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『私一人』 大竹しのぶ著 | トップページ | 390Xの思うこと-不倫について »