« 390Xの思うこと-不倫について | トップページ | 室井佑月vs神林広恵 »

2006年2月 5日 (日)

K-1 WORLD MAX 2006

K-1 WORLD MAX 2005~世界王者対抗戦~

昨夜はK-1 WORLD MAX 2006を見た。

実は私は大の格闘技好き。

剣道・柔道・ボクシング・プロレス・K-1・プライドと広範囲で見る。

ほとんどはTV観戦だけどね。

印象に残ったのは第3試合TATSUJI対山本優弥戦。

試合は山本優弥が右肩脱臼でドクターストップでTATSUJIのTKO勝ちだった。

山本優弥が怪我してるのにもかかわらず、できる!やろう!と絶叫していた。

角田信朗が週刊実話誌に連載していたコラムで読んだことがある。

K-1選手はリングに上がったら、できないとは絶対に言わない。

たとえ、骨が折れてても闘う。

対戦したTATSUJIも心外な表情で勝ち名乗りを受けていた。

両選手にとっても納得できる試合ではなかったからだな。

たかが目先の1戦に選手生命を賭けるか、K-1戦士。

(文中敬称略)

|

« 390Xの思うこと-不倫について | トップページ | 室井佑月vs神林広恵 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。