« バトン三度・・・(^^ゞ | トップページ | Keep Smile! »

2006年2月25日 (土)

ペトロ三木「De Do Do Do, De Da Da Da」

ペトロ三木氏のブログが更新されている。

「De Do Do Do, De Da Da Da」

元はと言えば、この言葉の価値の暴落は
公の場でデタラメを吐き散らす政治家やら
エセ文化人やらが蒔いた種ではある。

但し、状況を悪化させたって意味では、
「匿名」で裏付けも取れねえ言葉をタレ流す
バカもまた同罪。


(ペトロ三木ブログ「De Do Do Do, De Da Da Da」より引用)

事件の渦中にある件の張本人も、裏付けを取れない情報を流したマスコミも同じバカだと言ってのけている。

朝日新聞のコマーシャルにも言及していた。

けど、これはしかたがない。

日本で一番信用できない新聞ではないか。

たとえば、これだ。

養護学級男性教諭二審も無罪/知的障害女児への強制わいせつ
2006年02月15日

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0215/TKY200602150164.html

中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200602150102.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060215AT1G1501315022006.html

無罪判決が下ったことについて、中国新聞は「少なくとも教諭から被害を受けたという女児供述には、疑問を差し挟む余地がないと思われる」、日本経済新聞社は「わいせつ行為を受けた部分については疑問を差し挟む余地はないように思われる」「被害を受けた時間と場所に関する部分の供述には疑問を差し挟む余地が残り、起訴事実が証明されたとはいえない」と裁判官が判断したことに触れている。

ウェブからはもう削除されて見れなくなっていたが、読売新聞も同様に裁判官の判断を報道していた。

被告の教師が潔白な無罪だったわけではなく、わいせつ行為はあったと裁判所が判断しているんだ。

それに対し、朝日新聞は男性教師がわいせつ行為をしていたという裁判官の判断は報道せず、女児らの証言に疑問があることだけを報道した。

裁判官が「わいせつ行為があった」という判断をしたという事実を報道せず、あたかも被告が潔白なような記事を載せた朝日新聞。

そんな新聞社のコマーシャルが信用できるわけがないだろ?

|

« バトン三度・・・(^^ゞ | トップページ | Keep Smile! »

コメント

ペトロ三木氏。

私は三木氏のブログストーカーですから(笑)

ええ、私も朝日よりは何ぼかマシという程度の認識しか持ってません(爆)

投稿: 390X | 2006年2月25日 (土) 午後 03時13分

何度かTB頂いてるのに返事が稀で失礼。

別に朝日になんか何一つ期待しちゃいねーのだが、
とりあえず笑えるのは、テメエらの仕事の
根本であるハズの「言葉」に対する意識の無さが
思い切りあのCMに出ちゃってるってコト。
ちなみに上の件に関して言うと、俺は他の新聞も
目糞鼻糞だと思うけどね。日経も内部のインサイダー
取引疑惑で騒がれてるし。

投稿: ペトロ三木 | 2006年2月25日 (土) 午後 03時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« バトン三度・・・(^^ゞ | トップページ | Keep Smile! »