« スケバン刑事再び・・・2 | トップページ | 翼をください »

2006年2月20日 (月)

京都学習塾小6殺人の初公判-390Xの哀・怒

「許せない。娘を返せ」父は怒りと悔しさを抑えきれず、母はハンカチを手に泣き崩れた・・・

京都府宇治市の学習塾で、小学6年の女の子が殺害された事件の初公判が各社のニュースで流れていた。(ニュース検索)

殺人などの罪に問われている元講師の男は、起訴事実を認めたものの、弁護側は「心神喪失か耗弱だった」として、無罪か減刑を主張した。

はあ?

起訴状によると、宇治市の元学習塾講師で同志社大学の学生だった萩野裕被告(23)は、去年12月、包丁で小学6年の堀本紗也乃さん(12)の首などを数回突き刺し、失血死させたとある。

20日、京都地裁で開かれた初公判で萩野被告は起訴事実を認めた上で「取り返しのつかないことをした。自殺していればこんなことにならなかった。大切なお子さんの命を奪って申し訳ありません」「被害者や大切なお子さんを奪われたご両親に本当に申し訳ない。一生かけて罪を償っていきたい」と述べた。

なら、もう言うことは「罪に服します」だけでいい。

この後弁護側は、「被告は堀本さんに襲いかかられる妄想に支配され、心神喪失か耗弱だった」として無罪か減刑を主張した。

被告は犯行前、被害者から剣を持って襲われ、時には体を乗っ取られるなどの幻覚や妄想があった。計画は綿密だが、実行後の逃亡や証拠隠滅方法は全く考えていなかったと犯行の特異性について言及。

そんなことはどうでもいい。

おとなしく罪を償え、ばかやろう。

どんなことを言おうとやったことは消えないんだ。

何も争わず全て受け入れるのが被告の取る道じゃねーか。

弁護側は公判後の会見で「現時点では妄想などはなくなっているが、犯行時は普通の精神状態ではなく、鑑定が必要」とした。

要らねえよ。

何も争わず己の犯した罪を悔い一生懺悔を続けるのが筋だと思うけどな。

今日も飲んでるけど悪酔いしそうだ・・・

|

« スケバン刑事再び・・・2 | トップページ | 翼をください »

コメント

コングさん。
私も同意です。
こんなにはっきりしているんだし冤罪の可能性など無に等しいから、極刑にしてもいいと思う。

投稿: 390X | 2006年2月22日 (水) 午前 10時38分

本当にこの事件には震撼しました。
勝手な思い込みで大切な命を奪ってもらっては困るんですよ。
こういった犯罪が頻発するのに、刑法改正を急がないといけないと思うんですけどね。
私が裁判官なら殺人者はみんな極刑です。
被害者の立場にたたないこの国はおかしいです。

投稿: コングBA | 2006年2月22日 (水) 午前 08時06分

ひまじん様

激しく同意( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウンウン
罪を憎んで人憎まずとよく言うけど、私はそこまで人間できてない。

投稿: 390X | 2006年2月21日 (火) 午後 03時23分

身勝手な犯罪者に人権なんて必要ない(怒)
こんなニュースを見ると気分はいつも
ハリーキャラハンになっちまう(笑)

投稿: ひまじん | 2006年2月21日 (火) 午後 02時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« スケバン刑事再び・・・2 | トップページ | 翼をください »