« 390Xの聴覚障害(感音性難聴) | トップページ | 390Xのアイドル観その2 »

2006年1月 8日 (日)

390Xのアイドル観その1

私がアイドルのファンと認識したのは高田みづえからです。
4枚目のシングル『花しぐれ』を聞いてファンになりました。
後にも先にも歌でフアンになったのは高田みづえだけ。
高田みづえをアイドルに位置づけるのは異論があるかもしれませんが、私の中では充分にアイドルでした。

Kawainahoko その次にフアンになったのは河合奈保子。河合奈保子といえばホルスタインとまで称されたボインで有名ですが、ボインだからフアンになったわけではございません(笑)
私はボインだから、美人だから、可愛いから、それだけではフアンになりません。ああ、いいなと思っても応援したくなりません。
でも、デビュー当時は胸がすごかったですよ。
当時の豊胸なタレントさんで榊原郁恵とか柏原よしえ(現:柏原芳恵)がいましたが、彼女らが振り付けながら歌う時は胸が上下に規則正しく?揺れます。それが普通ですよね?
それが河合奈保子がデビュー曲『大きな森の小さなお家』を遊園地をバックにスキップしながら歌った時、上下左右斜め・・・ようするに2つの胸がばらばらに揺れたと言うより、別な生き物みたいに動いたんですねえ。
びっくりしましたよ。こいつブラジャー付けてないか、役に立ってないと(爆)
すごい胸だなあ・・・とただそれだけで、フアンになるほどの衝撃ではありませんでした。

河合奈保子がデビューした1980年は山口百恵引退でアイドル界に激震が走った年でした。
当時購入した学研アイドル雑誌『BOMB!』山口百恵引退記念号に河合奈保子のインタビューが載ってました。
細かい内容は忘れてますが・・・

記者「胸は大きいほうがいいんだよ」
奈保子「??・・・あ、そうか!赤ちゃんに飲ませなければならないものね」
記者「それもあるけど・・・」
奈保子「グループデートしたんです!」
記者「おめでとう!誰と?」
奈保子「クラスのみんなと遠足に行きました」
記者「・・・」

こんな感じかな?
今思い返せば何かまととぶってるとか記者の創作かな?と思うところですが、当時高校生だった私は大ウケしました。

こいつ、面白いなと。

これが河合奈保子のフアンになったきっかけです。

それからの河合奈保子の活躍は皆さんご存知のとおり。
松田聖子よりもある意味すごいアイドルだったと私は思っています。

奈保子のポップス、奈保子のコント、何をしても『奈保子の』が頭に付く。
こんなすごい存在感を持ったアイドルを私は他に知りません。

日テレかTBSの歌番組だったか忘れましたが、河合奈保子に聞いた質問の答えが全部わからないとなっていたことがありました。当然見物のお客さんも爆笑の渦。
後年番組のヤラセだったとわかりましたが、全部わからないでも全く違和感が無かった。それも河合奈保子らしいと。

河合奈保子は本当はすごく頭のいい人だと思います。
少しずつ自分のしたいこと、作曲とかに仕事の重点を周りとうまく兼ね合いながらやってきたアイドルではないでしょうか?

私は2回本人の握手会に行ったことも白状しておきます(._.ゞ)ポリポリ

残念ながらコンサートは1回、それも無料のにしか行ったことはありません(ここでも不良なフアンでした・・・って、おい!本当にフアンなのか?と一人突っ込み(・´ω`・;A アセアセ

私の記憶に間違いがなければ1986年、'86さっぽろ花と緑の博覧会で河合奈保子の公開ライブがあり、北海道ローカル局でその模様が放送された。
私は朝早く行って花と緑なんかそっちのけにして、前の席を確保したんだった(若かったなあ(〃ω〃)テレテレ♪

山口百恵が菩薩なら、河合奈保子は観音だったと。

3人目が加藤紀子

加藤紀子より後はフアンになれるほどの人材に出逢えていない。

前にフアンになったいきさつを書いているのでここでは割愛しますが、加藤紀子こそ第2の河合奈保子になれる資格を持っていたアイドルだったと思う。

もちろん加藤紀子と河合奈保子を同一視するわけではないが、本来ならもっと活躍していてもいいアイドルではないか。

加藤紀子観音になれる資格を持っていたのは間違いない。

私の中ではマジカル頭脳パワー!!で活躍していた加藤紀子のまま時は止まってる。

実は・・・私がフアンであると認識してるのは先にあげた高田みづえ・河合奈保子・加藤紀子の3人しかいない。

結婚しようが引退しようが、今がどんな状態だろうが、永久にフアンのまま現在に至ってる・・・

ここに書いたことは私が個人的にそう思ってるだけで、他の人はそういうふうに思わないかもしれません。
それはそれでいいんです。各人それぞれが自分のアイドル観を持っていればいい。(文中敬称略)

私なら たぶん 例外だって

信じてるはずだわね あなたも


ああ・・・あなたの知らない私を愛せるかしら・・・

『唇のプライバシー』
(唄:河合奈保子 作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平)より引用。

|

« 390Xの聴覚障害(感音性難聴) | トップページ | 390Xのアイドル観その2 »

コメント

゚.+:。ヽU^ェ^U丿イラッシャイ ☆゚・*:.。. .。.:

メールありがとうです。

河合奈保子さんは結婚して休業中ということですが、実質的には引退かと(´・ω・`)ショボーン

高田みづえさんは松ヶ根部屋のおかみさんです。

投稿: 390X | 2006年1月 8日 (日) 午後 10時37分

メールお送りしました。

河合奈保子さん懐かしい!
ご結婚はされたんでしたっけ?
高田みづえさんは確か、相撲部屋の
おかみさんになられたんですよね?

投稿: koks | 2006年1月 8日 (日) 午後 09時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 390Xの聴覚障害(感音性難聴) | トップページ | 390Xのアイドル観その2 »