« 390Xのアイドル観 番外編 | トップページ | どうでもいいことだけど »

2006年1月10日 (火)

390Xのアイドル観その4

私がフアンになった動機というのは、その1からその3まででおわかりいただけたと思います。

もっとも一度好きになったら、良くも悪くも頑固なまでにその気持ちを変えません

なかなかフアンになるまでにいたらないんですけどね(^^ゞ

引退しようがどんな状況であれ、まず嫌いになることはありません(哀しくなることはあります)。

いいところも悪いところも含めてフアンになります。

高田みづえはビジュアル的にはたいしたことないと思ってましたが、知人の女性からはあの人綺麗という評価をよく聞いています。
男と女とでは見るところが違うのでしょうか(・・?

河合奈保子は柔らかなイメージと圧倒的?な存在感でますますフアンになりました。

実際の性格はともかくとして、外観・TVなどから受けるイメージですが。

柔らかなイメージを持つアイドルは菊池桃子、乙葉、さくらなどがこのタイプと思います。

加藤紀子は河合奈保子よりもビジュアル系ですが、気持ちとしては河合奈保子に近い。

河合奈保子と加藤紀子、どちらも癒し系として認識しておりました。

河合奈保子は正統派アイドルの王道を歩いていたと思ってます。
その後だんだん方向性が定まってきたように感じておりました。
河合奈保子作曲の曲は理解しようと努めたけど、よくわからないというのが本音です(^_^;)

加藤紀子は作詞やエッセイなど書いていたので、そっちの方向に行くのでは?と思っていました。
元気でいるよの後に出た加藤紀子作詞の冷たくして下さいも好きな歌の1つです。
聴くと何か優しくなれるような気持ちになります。
(文中敬称略)

Flower Diamond

そっと冷たくして下さい 大好きな友達のまま

そう 冷たくしてくれたら 泣かなくてすみそう

『冷たくして下さい』(唄:加藤紀子 作詞:加藤紀子 作曲:勝山俊一郎)より引用

|

« 390Xのアイドル観 番外編 | トップページ | どうでもいいことだけど »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。